悩んでいる人が多いわきがの特徴

“思う以上に悩んでいる人が多いわきがは、わきのアポクリン汗腺と呼ばれる腺から出るすっぱいようなにおいのことです。
なおエクリン汗腺からはこのにおいはしません。
このにおいがする人は臭汗症や腋臭症などの可能性があります。
症と付いているため、病気と思うかもしれませんが、病気ではなく体質です。
この体質は遺伝性のものです。
つまり、両親や祖父母から受け継いだ、優性遺伝子によるものなのです。
両親共にわきがである場合、75%もの割合で優性遺伝子を受け継ぎます。
片親だけの場合、50%の割合です。

このようなわきがのにおいは自分では気付きにくいものです。
ですが、服のわきの部分にシミができ、これによって気が付くこともあります。
また、わきがの原因であるアポクリン腺が走っている耳の中がいつもしめっぽい人は、わきからわきががしていることが多いです。
それから、わきの毛が多い人はアポクリン腺も多く走っていますから、気をつけましょう。”

わきが治療できる家庭用紫外線治療器

“自宅でわきが治療できるものというとスプレーや石鹸などが多くありますが、家庭用紫外線治療器も販売されています。この家庭用紫外線治療器は紫外線を照射する事で殺菌できるのでニオイを抑えられます。
クリニックの治療に抵抗がある方や秘密でわきが治療をするならこのようなものを使ってもいいでしょう。1日に5分から10分程度照射するだけで徐々にニオイを抑えられるので根気よく続ける必要があります。
この紫外線に殺菌効果があり、菌の繁殖を防いでくれます。また、家庭用紫外線治療器を照射する時には付属のサングラスを掛け、女性ならムダ毛の処理を済ませておきます。
5000円から1万円ほどで販売されており、水虫治療にも使えるので水虫に悩んでいる方にもお勧めです。普段、このようなもので治療をしてデオドラント製品を使うとより安心できます。
紫外線を照射してもシミもできませんし、日焼けしてしまう心配もありません。安全に使えるもので安心して家庭で治療できます。

わきがの仕組みについて

“わきがで悩まれている方は多いと思います。
冬でも暖房がかかっていると汗をかいてしまい周囲の人を不快にさせていないか、心配になります。
まず汗が臭いことはありません。細菌がわきがの臭いを発生させています。
汗の汗腺には、3種類あります。
エクリン腺とアポクリン腺と皮脂腺です。
その中でわきがと関係があるのが、アポクリン腺です。
アポクリン腺が多いと臭いがしやすくなります。
なぜならば、コリネバクテリウム菌という臭いがする菌がアポクリン腺から出る汗がないと生きていけないからです。
だからアポクリン腺が少ない人はあまり臭うことがありません。
近年スメルハラスメントという言葉も出てきて、気にしてしまう方が増えたと思いますが、気にしすぎもいけません。
強度のわきがの場合遺伝の可能性が、高いためその場合は手術をした方が良いかもしれません。
判断するには、一番分かりやすいのは、耳垢を見ることです。
ドロドロの耳垢がだったら強度の可能性が、高いです。
また、下着のわきの部分が黄ばんでいたら、わきがの可能性が、高いです。

わきがの確認をしましょう

自身の体臭が気になったら注意が必要です。今まで気づいてなかったものなら特に要注意です。わきがは後からでも発症する場合があります。本当にわきがなら、他人に不快な気持ちを与えているので気をつけましょう。他人に聞くことは勇気がいるので、信頼できる家族か友人などに聞きましょう。それほど深刻な悩みです。もしかしたらあなたを傷つけたくない一心で言ってくれない場合もあります。そんな時はわきがチェックをしてください。まずティッシュペーパーを用意して脇に直接貼り付けましょう。色やにおいなどがついていれば、わきがです。落ち込む気持ちもわかりますが、治す事を考えていきましょう。スプレーなどで予防してもいいでしょう。電車などに乗っているときなどは顕著に臭いが現れてしまいます。そうすると異臭扱いされてしまう事だってあります。におい人にとってそれほど不快感のある物です。衣服などもマメに洗濯しましょう。ひどい時はクリーニングしてもらいましょう。

わきがは臭いになる前に無くすのが良い

以前よりもニオイに対して敏感な人が多くなり、わきが対策の商品も数多く販売されています。臭いの元になる汗の発生を抑えるもの、汗が臭いに変わってしまうのを防ぐものとそれぞれに特性があります。わきがの「臭いを抑える」意味で最も良いものはサプリメントのように飲んで体の中から「臭いを発生させなくさせる」ものです。人間も生き物ですから汗の発生を完全に無くすことはできません。また、汗が臭いに変わるのを防ぐものは経過時間や臭いの強さによって効果が減少してしまいます。一方で体の中から汗が出て来る前に対策される場合、汗自体を抑える必要はありませんし、飲み続けていれば効果が減少することもありません。他の臭いを抑えるもののような欠点はなく、香水のようにより強い臭いでごまかす訳でもありません。また、体から出る汗全体に対して作用するので、わき以外の部分の気になる臭いも同時に抑えられる点も他のものにはない大きなメリットです。

わきがのニオイを消す方法

“わきがを改善する方法として挙げられるのが、きちんと入浴することです。
毎日、入浴することは当たり前のことと思う方が大半かもしれませんが、シャワーだけで済ませてしまっていませんか。
シャワー生活は楽ではありますが、汗を流すことができても体内の毒素は溜まったままになってしまっています。
体の中に毒素が溜まったままになってしまうと、汗をかいた時にニオイを発生しやすくわきがの原因ともなってしまうため注意が必要です。
入浴をすることには、わきが改善のメリットが多々あります。
入浴をすると血液とリンパの流れがよくなり、乳酸やアンモニアの毒素を外に排出させることができます。
さらに、たくさん汗をかくことで身体の中に溜まった有害物質を取り除くことも可能です。
わきがを早期に改善するためには、体内の環境を正常化することが何よりも大切であり、新陳代謝を促すこともできるためニオイの発生源を抑えることもできます。
汗やニオイのコンプレックスがある方は、入浴を意識することから始めてみてはいかがでしょうか。

子どものわきが対策

わきがの治療は美容外科クリニックがおすすめ

“わきがで悩んでいる方に治療法としておすすめなのが、美容外科クリニックで行える治療です。
汗やニオイで深刻な悩みを抱えていると言われているわきが患者は年々、増えていますが、今は美容外科クリニックであれば手軽にストレスなく治療を行うことができます。
失敗しない美容外科クリニックの選び方として挙げられるのが、専門医であることや日本美容外科学会に所属していることなどです。
さらに、明確な料金を提示していることや医療事故においても事前にチェックしておくといいでしょう。
美容外科クリニックで行えるわきが治療は、トリプル・メリット法が用いられています。
高周波やファイバースコープなどの最新のマシンを使い痛みや傷跡が残る心配はありません。
また、術後通院の必要がない点も煩わしさがなく嬉しい点です。
短時間で手術を行うことも可能となっており抜群の効果を期待できることから、安心安全にわきがのコンプレックスを改善したい方にはうってつけの治療法と言えるでしょう。”

わきがの原因と治療法

わきがは病気ではなく、人間誰しも持っている体臭の一種です。体質により発生する体臭の匂いやきつさが異なります。脇には3つの分泌腺があり、その中のアポクリン汗腺と言うところから出る汗の臭いが臭くワキガの臭いを発生します。また、アポクリン汗腺は耳の中や性器の周辺に集中していることが特徴です。粘り気があり、ねちょねちょしていることもあり、洋服に黄ばみがうつることもあります。わきがは病気ではないため特に治療する必要もありませんが、体臭なので気になる方は手術を受け治すことができます。また、改善策としては清潔に保つことが重要で冬場でも入浴を怠らないことです。毎日きちんと洗い流さないことで、細菌を増やしてしまうことになってしまいます。また、毛穴を刺激させないことも重要で女性の方でわきがに悩んでる方は、レーザー脱毛をすることで改善される方も多くいます。また、わきがは体質的なところからなるので遺伝する可能性も高いのです。

わきがは悩むよりまず治療を受けよう

“わきがは、独特の強い臭いがするため、悩んでいる人も数多くいます。しかし、悩んでいるだけでは解決しませんし、自然治癒することもありません。そこで、早期に治療を受けるべきです。そうすれば、わきがに悩まされることもありませんから、それまで人との関わり合いが苦手であった人も、自信を持って人と付き合うことができます。
治療を受けるならば、先ず皮膚科を受診しましょう。自分が本当にわきがなのかどうかも含めて診察してくれます。症状が軽ければ塗り薬を処方されますし、手術が必要な症状ならば、形成外科などの専門医を紹介してくれることもあります。皮膚科の場合、わきがは病気として取り扱われますので、健康保険を適用することができます。
形成外科では、わきがの原因となるアポクリン腺を摘出する手術を行ってくれるので、根本的な治療となります。形成外科でも保険診療となります。
なお、病院に行かずに自分で治療しようと思うならば、制汗剤を用いるのも一時的には有効ですが、乗用していると皮膚炎になる恐れもありますので、先ずは皮膚科で相談すべきです。”

わきがは治すことが可能です

“わきがは腋臭症や臭汗症と呼ばれるもののことです。
病気ではなく体質です。
この体質の人はわきからすっぱいようなにおいがします。
わきの下にあるアポクリン汗腺から、すっぱいようなにおいが出るのです。

わきがをそのままにしていれば、そのにおいにより、周りの人に不快感や嫌悪感を与えることになりかねません。
この体質の人は、狩猟民族である西洋人の中では80%ほど、農耕民族の日本で人の中では10%ほどです。
つまり、西洋人と違って日本人はそのすっぱいようなにおいに慣れていないということです。
このため、日本人の中にはそのにおいに不快感や嫌悪感を感じる人が多いのです。
また、そのにおいを気にして、人と積極的に関わることができないという人も多いでしょう。

スキンクリニックなどで、わきがを治すことができます。
たった1回の手術で治すことができます。
もちろん再発するようなことはありません。
症状が軽い人なら、注射で治すこともできます。”